用途にあったものを使おう

コピー機の基本的な機能はコピーやプリンターそしてスキャンやファックスといった大きく分けて4つの機能になります。これらの機能の中でどの機能を一番使うかと言う考え方で購入または、リースした方が利口な考え方になります。業者側は、最新の機能やどれだけ優れた機能を持っているのかと言った話を主にしてきますが、実際どんなに便利な異能が付いていてもそれを使わない場合にはあまり意味はありません。
1年間でどれだけ印刷をするのかなどを基準にして考えた方が無駄な費用もかからなくて済みます。

特にコピーすることが多い場合には、コピー機能が優れたものを購入した方がいいですし、何事でもスキャンをしてから仕事に移るといった場合には、スキャンに手間がかからない機能付きのものを購入するべきです。その他のファックス機能などをみても同じことが言えるのです。印刷を主にすることが多いのに、他の機能が充実していても無駄です。印刷枚数やカラーコピーしたときのカウント数に対しての金額などができるだけ安くなるようなコピー機など、使う用途に合わせた機器を選ぶようにしましょう。

また、どのようなものがいいのかわからない場合には、実際に良く使う機能を業者に話すことで、用途に合ったコピー機を紹介してくれますし、メンテナンスなどの話もそこできちっと行うようにすれば購入後のトラブルも少なくなります。リースや中古、新品。コピー機を設置するにしても、そのタイプは様々です。メリットデメリットをよく確認し、最善の選択ができるように下調べはしっかりとしておきましょう。

参考|OAランド
コピー機のリースや中古品販売をおこなっている専門サイトです。

性能の違い

コピー機の新品と中古の機能性の違いについては、やはり新品の方がどのようなことを比べても機能は断然良いと言われています。
中古の場合はカウンター料金が3年間無料などと言ったものを売りにしているものもありますがその基本的なものは本体価格にその差し引き価格を上乗せされていることがほとんどだと言われています。
機能的には変わらないものであっても、メンテナンスは一切しない場合などもありますし、長期の利用ができない場合もありますので、中古品よりも新品の方が良いでしょう。

コピー機の機能は基本的にはそれほど長い期間で新品が出るわけではありませんし、機能も大きく変わるものではありませんので中古を買って費用を抑えようとしてもあまり期待できない使い勝手になってしまうものと考えます。
機能的にも費用的にも考えることは、メンテナンスと業者からのサポート体制がきちんと行われるかと言うことになります。

初期費用の安さは中古機器が得ですしメンテナンスや機能的な部分を考えると新品が良いと考えられます。
また、購入ではなくリースにした場合には途中で解約できないといったデメリットもありますので、中古品では機能がもっと欲しくなった場合、リース契約はお勧めしません。

新品と中古のコピー機

新品と中古のコピー機では、価格に違いがあります。
どちらの方が得なのかと言うところですがその基準になるのはコピー機を使うときに発生する印刷枚数やそれを使う期間で決めることが重要になります。
使う期間が3年以上と言ったように長期の間使うような場合の方が購入時の価格が特になります。
もちろん年に数回しか使わない時やある時期だけ使うと言った場合では、今ではコンビニエンスストアーなどに置いてありますので、その都度の利用の方が得になります。

例えば3年以下といったように短期で利用したい場合では印刷枚数がかなり多くなってくると思われる時には新しいものをリースする形をとる方が得になります。
そこでポイントになるのが保守費用というものです。
新品のコピー機の場合はメーカーが行うメンテナンスに対して保守費用もかなり抑えられています。
反対に中古品をリースすることでこの保守費用が割高になってしまうのです。

また保守費用というのは、機器を快適に使うためにいろいろな面でメンテナンスするサービスのことを言います。
印刷する1枚といった枚数に対してトナーの代金やカウントする料金が保守費用として回収されています。
そしてそれが故障をした場合の修理になり部品の交換をする費用となるのです。
新品よりも中古の方が様々な料金は高くなりますし、修理などの対応が遅くなる可能性があります。
また、部品がないので出来ないと言った場合もありますので注意してください。