新品と中古のコピー機

新品と中古のコピー機では、価格に違いがあります。
どちらの方が得なのかと言うところですがその基準になるのはコピー機を使うときに発生する印刷枚数やそれを使う期間で決めることが重要になります。
使う期間が3年以上と言ったように長期の間使うような場合の方が購入時の価格が特になります。
もちろん年に数回しか使わない時やある時期だけ使うと言った場合では、今ではコンビニエンスストアーなどに置いてありますので、その都度の利用の方が得になります。

例えば3年以下といったように短期で利用したい場合では印刷枚数がかなり多くなってくると思われる時には新しいものをリースする形をとる方が得になります。
そこでポイントになるのが保守費用というものです。
新品のコピー機の場合はメーカーが行うメンテナンスに対して保守費用もかなり抑えられています。
反対に中古品をリースすることでこの保守費用が割高になってしまうのです。

また保守費用というのは、機器を快適に使うためにいろいろな面でメンテナンスするサービスのことを言います。
印刷する1枚といった枚数に対してトナーの代金やカウントする料金が保守費用として回収されています。
そしてそれが故障をした場合の修理になり部品の交換をする費用となるのです。
新品よりも中古の方が様々な料金は高くなりますし、修理などの対応が遅くなる可能性があります。
また、部品がないので出来ないと言った場合もありますので注意してください。