性能の違い

コピー機の新品と中古の機能性の違いについては、やはり新品の方がどのようなことを比べても機能は断然良いと言われています。
中古の場合はカウンター料金が3年間無料などと言ったものを売りにしているものもありますがその基本的なものは本体価格にその差し引き価格を上乗せされていることがほとんどだと言われています。
機能的には変わらないものであっても、メンテナンスは一切しない場合などもありますし、長期の利用ができない場合もありますので、中古品よりも新品の方が良いでしょう。

コピー機の機能は基本的にはそれほど長い期間で新品が出るわけではありませんし、機能も大きく変わるものではありませんので中古を買って費用を抑えようとしてもあまり期待できない使い勝手になってしまうものと考えます。
機能的にも費用的にも考えることは、メンテナンスと業者からのサポート体制がきちんと行われるかと言うことになります。

初期費用の安さは中古機器が得ですしメンテナンスや機能的な部分を考えると新品が良いと考えられます。
また、購入ではなくリースにした場合には途中で解約できないといったデメリットもありますので、中古品では機能がもっと欲しくなった場合、リース契約はお勧めしません。